メガネの男性

眼精疲労を治す栄養素を摂取しよう~疲れた目に効果バツグン~

目の疲れの特徴と対策

サプリメント

目の疲れの典型的な症状

毎日、パソコンやスマホの画面を長時間見ている方も少なくありません。それらは、細かく小さい文字を多数見ることになり、目がショボショボとしたりするのが典型的な症状です。さらに目を酷使すると眼痛、かすみ、充血、涙が出るなどの症状が出ます。場合によっては吐き気や頭痛、肩こりなどの身体的な症状へと発展します。このような状態を誘発する目の疲れを疲れ目あるいは眼精疲労と呼びます。厳密には疲れ目は、一時的なもので、眼精疲労はそれが続くものです。この症状を抱えたまま生活していると、視点の焦点が合わず、人や物にぶつかったり、看板や標識に気付かずに行動してしまう危険性があります。疲れ目になった時点で、早期に目を休めることを考えましょう。

疲れ目にならない工夫

疲れ目や眼精疲労にならないようにするコツがあります。例えば、タイマーを利用するものです。これはパソコンやスマホの画面を続けて見る時間を制限するためで、15分から一時間程度の時間毎に休憩を入れるものです。これは目を休めるだけでなく、その休憩時間にストレッチやツボ押しで身体的な疲れも取るという一石二鳥の方法です。画面を見る時間が長いと、その時の姿勢も同じような状態が続くため、首や肩、背中に負担がかかっているのです。疲れ目から眼精疲労へ発展してしまったにも関わらず画面を見る作業が必要な時もあります。そのような時には、手軽にできる蒸しタオルがよいでしょう。水に濡らしたタオルを電子レンジに短時間かけるだけで蒸しタオルができます。これを目を閉じた状態の瞼の上に乗せます。これによって、瞼や眼球の血行を良くし、疲労回復に役立てるのです。また、事前に画面を見続ける作業があることが分かっている場合は、サプリメントの服用が効果的です。あらかじめ、職場のデスクなどに入れておくとよいでしょう。